• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

ダイエット・スポーツ

ここでは、飲む以外の水素水利用方法のうち、ダイエットとスポーツにおける活用について説明していきます。

代謝を高める水素水でダイエット

水素水には、代謝を高めるはたらきがあります。

このはたらきを活用すれば、上手にダイエットすることも難しくはありません。

注目すべきは、水素水の細胞に存在するミトコンドリアに発生した活性酸素を取り除く作用。活性酸素は細胞を傷つけ、ミトコンドリアのアデノシン三リン酸の生成能力が低下し、代謝も低下してしまうのです。

活性酸素を除去してあげれば、ミトコンドリアのエネルギー産出が自然と高まり、同時に代謝も高まるというわけ。

また、代謝の低下は肥満や糖尿病をも招く要因となってしまいますが、水素水でミトコンドリアを元気にさせることはこうした病気を遠ざけることにもつながります。

水素水が影響を及ぼすのは、ミトコンドリアだけではありません。

水素は肝臓から分泌するFGF-21ホルモンの分泌量を増やす力もあります。FGF-21ホルモンは糖代謝、エネルギー代謝を高めるはたらきがあるため、体脂肪、中性脂肪の増加を予防する効果も期待できるのです。

もちろん水素水を飲むだけでダイエット効果を得るには、それなりの期間がかかってしまいます。

水素水とあわせて効果的なのは、ストレッチや体操、加圧トレーニングなどの運動・スポーツ系ダイエット。それに酵素やビタミン、食物繊維などが豊富な食事を組み合わせれば、より一層効率よくダイエットすることができるでしょう。

水素水を飲むタイミング

運動・スポーツ系のダイエット時、水素水はいつ飲めばいいのでしょう。

いちばんいいとされるのは、運動・スポーツをする前後です。

運動前に飲めば、水素が体温を高めて発汗・代謝をうながしてくれるので有酸素運動のダイエットには最適。

運動後に飲めば、活性酸素を除去してくれるほか、溜まった乳酸にも速やかに作用してくれるので疲労回復もばっちり。疲れを次の日に持ち込みません。

運動前後以外でも、入浴後に飲めば血管を広げるはたらきがあるので血行を促進し、ダイエットにも好影響を与えてくれるでしょう。

いずれにせよ、1回あたり250ml~500mlの水素水を1日2~3回にわけて飲むと効果的だといわれています。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。