• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

こんなにある!水素水の使い方Navi

ここでは、水素水の飲用以外の利用方法について紹介していきます。

飲むだけじゃない!?水素水の力

水素水を「飲む以外に使うなんてもったいない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、飲む以外にも使いたくなるほど、水素水にはいろいろなパワーがあるのです。

たとえば、洗顔によるアンチエイジング。たとえば、入浴。たとえば、ダイエット。などなど、あげていけばキリがありません。

そのあたりはおいおいご紹介していくとして、まずは水素水の効果的な飲み方について説明しておきましょう。

知っておきたい水素水の飲み方

水素水を飲むのにルールはありませんが、せっかくその能力を生かすのであれば活性酸素が体内であるときがベスト。

スポーツをするときや日焼けをしたとき、ストレスを感じたとき、喫煙・飲酒時などに活性酸素が生み出されます。

これらのタイミングで水素水を飲めば、活性酸素を除去してくれるのでからだを最適な状態で保つことができるでしょう。

なぜタイミングをあわせて飲む必要があるかというと、ほかの栄養素とは違い、水素はからだに蓄積しておくことができません。体内に吸収されなかった水素は、そのまま体外に排出されてしまいます。

せっかくですから、何もないとき飲むよりは水素水のポテンシャルを存分に発揮できるタイミングで飲むことがベターなのです。

水素水は飲用後、およそ10分で水素がからだに吸収されるので、「運動してから10分以内」「お酒を飲んでから10分以内」などを目安に飲むといいのではないでしょうか。

ただし、少しずつ飲むよりは一気飲んでしまったほうがよいといういわれているので、飲むときはいっぺんに飲みきってください。

冷やしすぎもNGです。

とくに暑い夏場はキンキンに冷やして飲み干したくなりますが、冷水はからだによくありません。常温、またはあたためてから飲むことをおすすめします。

そのほかはこれといった飲み方の制限や副作用もないので、気軽に飲むようにするといいでしょう。

★★★具体的な使い方はコチラ↓☆☆☆

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。