• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

自分で水素水を作るには

ここでは、知って得する、自分で水素水をつくる方法について紹介していきます。

水素水をつくる2つの方法

飲んでも浴びてもからだにうれしい水素水。

毎日飲むものですし、せっかくなら自分でつくれたらいいですよね?

「水素水なんて自宅でつくれるの?」と思われるかもしれませんが、その気になれば意外とできちゃうものなんです。

水素水のつくり方には、おもに2つの方法があります。

1つは、水素水サーバーを使った方法。原理としては、電極版によって電気分解を起こして水素分子を発生させます。

何やら難しく思えますが、要は通常の水素水サーバーです。水しか使わないため化合物などがのこらず、不純物のない水素水を飲むことができます。

自宅にいながらいつでも簡単に好きなだけ水素水をつくれるというメリットがありますが、コスト面がデメリットでしょうか。

各メーカーとも、水素水サーバーは高価ですし、定期的なカートリッジ交換も必要なのでランニングコストも考えておかなければいけません。

まずは効果を体感してみること

もう1つは、マグネシウムスティックを使って水素水をつくる方法です。

用意するのはマグネシウムスティックと水道水。

つくり方は至極簡単で、ペットボトルに水道水を汲み、そこにマグネシウムスティックを入れるだけ。

マグネシウムスティック単体で市販されているケースはあまりありませんが、マグネシウムを含有したスティックタイプのセラミックで代用できます。水素水サーバーを購入・導入するよりもはるかに経済的に水素水ができるでしょう。

ただし、セラミックのものはマグネシウムの含有量が多くないため濃度も低く、人によっては風味が気になるかもしれません。

いかに純度の高いマグネシウムを用意できるか否かが、この方法のカギを握っているといえます。

どちらの方法をおすすめする、ということはありません。

すでに水素水をいろいろ試している人は挑戦する価値があるかもしれませんが、はじめて水素水を飲む人は、自作の水素水にいきなりいどむよりも、まずは高濃度で品質の高い水素水を飲んでみることをおすすめします。

効果のほどを体感せず、自作の水素水で「水素水ってこの程度のものか」と思ってしまうのは、実にもったいないことですよ。

★★★以下の記事も読まれています☆☆☆

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。