• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

【検証】ニセ科学って本当?副作用は?

ここでは、水素水がニセ科学なのかどうかや副作用の危険性などについてまとめていきます。

ニセ科学ではない水素水の効果

多くのはたらきが期待できる水素水も、言ってしまえば「水」です。しかも日のめをあびるようになったのは最近のこと。

それだけに、「水素水はニセ科学である」「効果も本当かどうか怪しい」などの声があるのもの事実です。

では、水素水には科学的・医学的根拠はないのでしょうか。

水素水の実験・治験は、マウスやネコなどの小動物レベルでは大きな成果をあげており、その効果に疑いの余地はないでしょう。

人体への効果も立証されています。もちろん、水ですから副作用はありません。

何が問題になっているのかというと、「水素水がなぜさまざまな症状・病気に効果を発揮するのか」そのメカニズムがハッキリとは解明されていないからです。

ですがまったく解明されていないわけではありません。

現在のところ2つの説が、水素水の効果の根拠として有力になっています。

ラジカルスカベンジ説

いまもっとも一般的に知られている根拠が、ラジカルスカベンジ説です。

日本医科大学の太田成男教授が、2007年に唱えた「水素分子(H2)が悪玉活性酸素のみを選択的に除去する」説で、水素水によって病気・老化の原因とされる活性酸素を除去することが世に知られるようになりました。

しかし、それ以降の研究の結果、ラジカルスカベンジ説だけでは水素水の効果は説明しきれないという流れになってきています。

シグナル分子説

もうひとつの有力な根拠が、シグナル分子説

名古屋大学の大野教授とピッツバーグ大学の中尾准教授によって唱えられた説で、現在の研究者のあいだではより有力な説となっています。

シグナル分子といってもなかなか聞きなれない言葉でしょう。

簡単に説明すると、まず、体内に入った水素分子は、直接はたらくわけではなく伝達物質にはたらきかける。その水素分子によって反応した伝達物質は、内臓内部に増幅しながら伝達され、やがて生理反応となってあらわれる、という説です。

「小難しすぎて違いがわかない」といわれる方もいらっしゃるでしょう。

2つの説を要約すると、「ラジカルスカベンジ説」では、水素分子は水素濃度が高ければ高いほど活性酸素を除去することになり、「シグナル分子」説では水素分子は体内に限られた量のレセプターにはまるため、水素分子が一定量充たされていればそれ以上は必要ないということ。

いま現在もこの2つの説については各方面から研究が進んでおり、近い将来、水素水がもたらす効果について裏付けがされるでしょう。

水素水の噂を徹底解説!

「水素水は効果なし」「飲み続けると副作用が出る」などの噂もありますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、多くの人が疑問に思っている副作用について、徹底解決していきます。

水素水には副作用がないって本当ですか?

水素水を飲み続けても、副作用が出ることはありません。酸素と結びつく性質があり、体内の毒性酸素だけを還元します。

また、気体なので悪玉活性酸素が結びつかなかった分子があっても、毛穴や呼吸として体外に出ていきます。そのため過剰摂取した場合も、体内に蓄積されずに体外へと排出されるのです。

このことから、水素水は副作用が起きない安全性が高い飲み物とわかります。

水素水を飲んだら尿の色が濃くなりました。これは水素水の副作用でしょうか?

水素水を飲んで、尿の色が濃くなったという人は多いです。これは一時的に起こる好転反応によるもので、副作用ではありません。

水素水を飲むと、その効果によって老廃物や毒素が、尿から排出されるようになります。そのため、水素水を飲む前よりも尿の色が濃くなったり、血行が良くなって身体にほてりを感じたりするのです。

このような反応は、副作用ではなく、効果が出ている証拠なので心配する必要はありません。

不確かな情報を鵜呑みにしない

水素水がブームになったことで、それに反論する声も多く聞くようになっています。しかしそのような不確かな情報を信じてしまうと、恐怖を感じて飲めなくなってしまいます。不確かな情報に振り回されて、健康・美容に良い水素水を飲まないのは、非常に勿体無いことです。

多くの情報の中から、真実と嘘の情報を見極め、自分のタメになるように、水素水を飲むようにしましょう。

★★★以下の記事も読まれています☆☆☆

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。