• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

喘息

ここでは、水素水が喘息に与える影響や効果について解説しています。

喘息の起こる理由とは?

アレルギー疾患の人が増え、大人になって急に発症する人もいる喘息。

喘息は呼吸をするときの気道が、アレルギーなどで引き起こされた炎症の影響で狭くなったり、敏感なためにけいれんしたりすることで起こります。

気道が狭くなるので、呼吸の際にヒューヒューと音がしたり、咳がとまらなくなったりする発作が起こるのです。

発作が起こっていない時でも、敏感になっている気道には白血球などの細胞が集まり、炎症が起きていますから、わずかな刺激でも発作が起こります。人によって、発作を誘発する原因となるものは違いますが、ダニやほこり、小麦粉や卵などの食物、タバコの煙なども発作のキッカケになってしまうのです。

アトピーなどと同じアレルギー症状ですから、一度発作を起こすと、キッカケとなったアレルギー物質の抗体をもってしまうため、次に入ってくると即座に攻撃してしまい、発作が起きてしまうのです。

子どもの喘息は遺伝的な要素も強く、突然治ってしまうこともありますが、大人の喘息は治りにくいと言われています。

水素水が喘息に効果的な理由

水素水には抗炎症作用があります。アレルギーの影響で起こっている炎症を鎮める作用があり、症状を改善すると考えられているのです。

実際に、マウス実験ではありますが、高濃度水素を溶かした生理食塩水を投与し、気管支内の炎症の程度を判定すると、何でもない生理食塩水を投与したマウスと比べて、症状が改善されるということがありました。

また粘膜には活性酸素も発生しますが、その活性酸素を水素水の水素が除去することも症状の改善になります。

喘息の治療にはアトピーと同じようにステロイドを用いられることも多いですが、やはり心配なのは副作用です。服用が長くなると、ステロイドに耐性ができてしまい、なかなか薬をやめられない事態に陥ってしまう可能性もあります。

水素水であれば、副作用もないので、日頃から飲むことで、粘膜の炎症とともに活性酸素の発生も抑え、発作の軽減が期待できるのです。

喘息の場合、肺や気管支に問題があるので、飲むだけでなく、水素点滴や水素ガスの吸入なども有効な方法として考えられています。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。