• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

膀胱炎・前立腺炎

ここでは、なぜ膀胱炎や前立腺炎になってしまうのか、原因やこれらの症状への水素水のはたらきについて説明していきます。

膀胱炎・前立腺炎が起こる原因とは?

膀胱炎や前立腺炎といった泌尿器系の炎症は、避けては通れない毎日の生理現象に大きな影響を与えるため、患いたくない症状のひとつ。

通常、膀胱炎といえば急性膀胱炎を指し、その原因はおもに大腸菌をはじめとした細菌類が尿道から入ってしまうことにより、炎症が引き起こされることです。

尿道の短さなど形状的な理由で、男性よりも女性のほうが罹患しやすいと言われています。

排尿時の痛み以外にも、下腹部の痛みや血尿、残尿感、失禁などが症状として現れることもあり、高熱・腰痛にまで発展してしまうと、腎臓にまで炎症が広がってしまっている危険性も。「膀胱炎かな?」と思ったら、決して放置しないでください。

膀胱炎が女性に多いのに比べ、一方の前立腺炎は男性しか罹患しません。それは、前立腺は精子の精製などにかかわる男性特有の生殖器だからです。

この前立腺が炎症を起こしてしまうと前立腺肥大の原因となり、尿道を圧迫するようになります。尿道が狭められるため、残尿感が残ったり尿の出が悪くなったりするのが特徴です。

前立腺の炎症には男性ホルモンのバランスが影響しているといわれ、50歳以上になると半数に前立腺肥大の兆候があると言われています。

水素水が膀胱炎・前立腺炎に効果的な理由

女性に多く、細菌が主原因の膀胱炎と、男性だけがかかり、ホルモンバランスが要因といわれる前立腺炎という、異なる素因の症状でも、水素水が効果的にはたらいてくれるのはなぜでしょうか。

水素水には、抗炎症や抗鎮痛作用があることが知られており、これらのはたらきが膀胱で起こる炎症を抑えてくれると考えられています。

細菌を殺すような抗力はないものの、被害を抑えるはたらきは期待できるというわけです。

また、水素水を飲むことで飲水量が増え、膀胱内に入ってしまった細菌を洗い流す作用も期待できるでしょう。

前立腺炎に対しては、もっと直接的にはたらいてくれます。

水素水の力のなかでも前立腺に効果的なのは、年齢を重ねるごとに老化・劣化してしまう細胞組織を遺伝子レベルで復元させるはたらき。

その結果、男性ホルモンの分泌を促してくれるため、ホルモンバランスが改善し、前立腺へのダメージを避けられるのです。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。