• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

うつ病

ここでは、水素水がうつ病に与える影響や効果について解説しています。

うつ病が起こる原因とは?

近年、精神疾患の患者数が増加していると言われますが、その中でも多いのがうつ病です。

データからみると、日本人の15人に1人は、生涯で1度はうつ病にかかるとも言われていて、誰でもかかる可能性がある病気と言えます。

うつ病の原因は、明確にはわかっていませんが、さまざまなものが絡み合って症状が引き起こされていると考えられているのです。

また、うつ病の症状である、「気分が晴れない」「やる気がでない」「眠れない」「食欲がない」といったものは、他の病気で体調がすぐれない場合や疲労などでも起こることもあるので、うつ病なのかどうかを判断すること自体も難しいのです。

判断が難しいだけに、安易に薬の服用をすることで、逆に症状を悪化させてしまったり、長く薬を続けることで薬をやめられなくなるという危険性があるのも事実です。

うつ病の原因については、環境的要因や身体的要因が絡み合っていると考えられますが、実際に脳の中で起こっていることは、気分や意欲、記憶などと深く関わっている神経物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量の減少だと言われています。

セロトニンとは、幸せホルモンとも言われるものですが、それが減ってしまうことで、感情が伝わりにくくなってしまうのです。

水素水がうつ病に効果的な理由

大事なセロトニンが減る、つまり作られにくくなる理由の1つに、脳内で活性酸素が邪魔をして、セロトニンをつくりだす細胞が発育しにくくしていることがあります。

水素水に含まれる水素は、からだの中の細胞膜もすりぬけ、すみずみにまで到達。もちろん、届いた先では、活性酸素の酸素と結びつき、無害な水となって排出されていくのです。

治療薬もセロトニンを増やすことを考えている訳ですが、脳に行く血管には特別な関門があり、そこを通りぬけるのが難しいとされています。どこにでも届く水素水のように、一番届いて欲しいところに到達するというわけにはいかないのです。

実際の検証実験でも、水素水が活性酸素を減少させ、細胞を発達させたことで、セロトニン分泌量が増え、うつ病の症状が改善したという報告もあります。

副作用もないことから、メンタルクリニックなどでも水素水の飲用を推奨しているところもあり、患者さんから症状の改善報告も出ているようです。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。