• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

蓄膿症

ここでは、水素水が蓄膿症に与える影響や効果について解説しています。

蓄膿症が起こる理由とは?

蓄膿症は、正確には副鼻腔炎といわれる病気です。鼻の周りにある副鼻腔と呼ばれる空洞のところが、花粉症や風邪などによって炎症を起こしてしまうものをいいます。

発症初期のものを急性副鼻腔炎、炎症が長引いてしまっているものを慢性副鼻腔炎といい、一般的に蓄膿症と呼ばれるのは、慢性副鼻腔炎のことです。

鼻の粘膜が炎症を起こして腫れ、副鼻腔が塞がってしまうと、分泌液がたまり、細菌が繁殖して炎症を起こします。このような状態が慢性的になっているのが蓄膿症で、副鼻腔にうみのように分泌物がたまっている状態が続きます。

蓄膿症の症状として特徴的な、黄色や緑がかった粘性の鼻水は、細菌が増殖しているからなのです。

花粉症などアレルギーがあることはもちろんキッカケになりますが、免疫力が弱いことや、新陳代謝が悪い、食生活の偏りなどが原因と言われています。

水素水が蓄膿症に効果的な理由

水素水はアレルギーや花粉症に効果が期待できるものなので、鼻粘膜の炎症を起こす原因を予防することがまず挙げられます。

また、副鼻腔にたまった分泌物が細菌を増やして炎症を起こすことに関しては、水素水の抗炎症作用が効果を発揮してくれるのです。

からだの中の活性酸素と結びつくことで、無駄な活性酸素を除去し、血流が良くなります。各臓器の働きも活性化するので、免疫力が低下している場合には免疫力をあげることに役立つのです。

アレルギー反応が出ている時には、ヒスタミンなどの化学伝達物質が発生して、炎症を起こす原因となるのですが、水素水はこの時に起こる酸化ストレスを鎮める働きがありますので、炎症をおさえることもできます。

アレルギー症状がでている時には、抗ヒスタミン薬が使われることが多いですが、眠くなってしまうなどの副作用があります。また薬も飲み続けることで、耐性ができてしまうデメリットもあるのです。

水素水が良いのは、このような副作用の心配が一切ないこと。つまり、予防効果を高めるために、毎日水素水を飲んでも、副作用を気にする必要がないのです。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。