• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

痛風

ここでは、水素水が痛風に与える影響や効果について解説しています。

痛風の起こる理由とは?

風が吹いても痛いと言われるほど、強い痛みに襲われる痛風。昔は贅沢病などとも言われましたが、食習慣や生活習慣と深く関係があるとされる病気です。

贅沢病と言われるのは、痛風に深く関係するプリン体という物質が、食べ物に含まれるうまみの成分で、特にエビやウニ、白子やレバーなどやビールや日本酒などに多く含まれていることから来ています。

プリン体は分解されると尿酸になって排出されるのですが、尿酸が過剰にあると、結晶になって血液中にたまり、排出するのが難しくなるのです。こうして結晶がたまっていくと、血管が詰まり、突然激痛に襲われることになります。

遺伝的に尿酸値が高い人もいますが、生活主観病と同じく、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足が一番の原因です。

尿酸が結晶化すると、痛風になる前に高尿酸血症の状態になります。食生活の変化のせいか、高尿酸血症になる若い人も増加していて、その先の痛風を発症する人も増えているそうです。

高尿酸血症の状態が長く続くと、痛風へと進んでしまいます。さらに、体内にできた尿酸の結晶を白血球が異物だと判断すると、そこを攻撃し始め、激しい痛みがともないます。

この状態になると、症状の改善も簡単にはいかなくなってしまうのです。

水素水が痛風に効果的な理由

痛風の場合、とにかく尿酸値の高い状態を改善しなくてはいけません。

水素水は生活習慣病にも効果がありますので、同じように食生活や生活習慣によって血液がドロドロになってしまうこと、活性酸素を除去する力、脂質の酸化を防ぐ力を発揮して防ぎ、血液をサラサラの状態にします。

一般的に、痛風は、水分を多く摂ることで、尿の量を多くし、尿酸を排泄することで結晶をできにくくすると言われています。

ただ、痛風は症状によっては腎臓にも負担をかけているので、単なる水をやたらに多く摂ると、今度は腎臓に負担がかかったり、むくみの原因になったりしてしまうので要注意です。

水素水は水ではありますが、中に含まれる水素が細胞レベルまで浸透していくので、各臓器の働きも活性化させ、負担になることはありません。

ひとたび痛風になると、ずっと服用し続けなければ数値がすぐにあがってしまうなど、薬を手ばなせない状態になる人が多いので、予防にも力を入れましょう。

毎日、水素水を飲むことで、症状の改善が期待できるだけでなく、高尿酸血症を予防することができると考えられます。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。