• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

二日酔い

ここでは、水素水が二日酔いに与える影響や効果について解説しています。

二日酔いの起こる理由

お酒を飲んでストレス発散という方も多いかもしれませんが、ひとたび二日酔いになると、「もう飲まない」と誓うほど体調が悪くなった経験のある方も、少なくないかもしれませんね。

そもそも日本人はアルコールを分解する酵素を持たない人も多いといいますから、体質的に弱いということもあるかもしれません。

お酒を飲んだあと、体内ではどんなことが起こっているかと言うと、アルコールは分解される時にアセトアルデヒドという物質が生成されます。

この物質は毒素をもっていて、少量であれば肝臓や腎臓などで処理ができますが、大量にあると処理しきれず全身に毒素がまわってしまうのです。このアセトアルデヒドは活性酸素を大量に発生させます。こういった毒素が、体調の悪さを招いているのです。

また、アルコールを分解する時には水を必要とするので、たくさんお酒を飲めば、それだけ多くの水分を必要としますので、からだが脱水状態になります。このせいで頭痛や倦怠感などが引き起こされるのです。

水素水が二日酔いに効果的な理由

肝臓で処理しきれずに体内をめぐってしまったホルムアルデヒドが出す活性酸素は、水素水の中の水素が結びつくことで、水となって排出されます。毒素が消えていけば、体調は回復します。

アルコールのせいで刺激されたドーパミンが、さらに他の神経伝達物質を刺激し、脳内にも酸化ストレスが起こっています。しかし、水素水は脳内の神経物質にも到達できるので、酸化を抑え、細胞を正常な状態に戻す手助けをしてくれるのです。

また、脱水状態になっているからだに水素水が入っていくことで、シンプルに水分の補給にもなります。

もちろん、一生懸命働いている肝臓にも働きかけ、活性酸素を除去することで、代謝をあげて疲労を取り除きます。

二日酔いを起こさないためには、お酒を飲む前や飲んでいる時に水素水を摂る方が効果的です。二日酔いになった後でも水素水は働きますが、一緒に飲むことで酸化ストレスを抑え、悪酔いも、二日酔いも防げるでしょう。

焼酎を割る、ウイスキーを割るという時にも水素水を使うのがおすすめです。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。