• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

熱中症

ここでは、水素水が熱中症に与える影響や効果について解説しています。 

熱中症が起こる理由とは?

熱中症は、毎年死亡する人のニュースなどに触れることもあり、「死に直結する場合もあるもの」という認識も高まってきました。

暑さによって体温が上昇するのを防ごうと、汗をかいて体温調節を行うものの、温度上昇が急激すぎて大量の汗をかいてしまい、体内の水分や塩分のバランスが崩れることによって起こります。

特に、猛暑の屋外とエアコンの効いた涼しい部屋など、気温差が大きい場所を行き来しているうちに、自律神経の働きが乱れ、体温コントロールの力が低下している状態が、最も熱中症にはかかりやすいのです。

症状により重症度が分かれています。

  • Ⅰ度…めまい、立ちくらみ、脈が速くなる
  • Ⅱ度…吐き気、下痢、頭痛、倦怠感、集中力の低下
  • Ⅲ度…意識障害、けいれん、過呼吸、ショック症状

いずれも適切な処置をしなければ、重症化する場合もあります。

スポーツの後などで起こる場合が多いのですが、高齢者の場合は汗をかきにくいこともあり、室内であっても安心できません。

また、空腹時や睡眠不足の時は熱中症になる可能性も高くなるので、より注意が必要です。

水素水が熱中症に効果的な理由

熱中症になってしまった時も、予防としても、水分の補給が一番大切。それも一度に摂るのではなく、こまめに補給することが重要です。

水分と同時に、塩分も汗と一緒に出てしまっているので、塩分補給も忘れないようにしましょう。ただ、すでに症状が出ている状態では、すばやく水分を吸収させる必要があります。

スポーツをした後、紫外線をあびた後、疲労がたまっている時、など熱中症になりやすい状況は、活性酸素が発生している状態です。そのため、水素水をこまめに摂取することで、活性酸素を除去し、熱中症になりにくい状態にすると考えられます。

熱中症対策として水素水を摂る時は、一緒に摂りたい塩分と糖分も加えるほうが、より効果が高いです。

水素水にハチミツとレモンを加えると、夏にも飲みやすいスポーツドリンクになります。この時、あまり激しく混ぜると、水素が逃げやすくなるので注意が必要ですよ。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。