• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

高血圧・動脈硬化

ここでは、水素水が高血圧・動脈硬化に与える影響や効果について解説しています。

高血圧・動脈硬化の起こる原因とは?

現代病ともいえる生活習慣病。その1つが高血圧症です。

一般的には塩分・糖分・喫煙などをはじめ、生活習慣の悪さが原因と言われますが、過度にストレスをうけた場合なども高血圧になりやすいと言われています。

いずれもからだに負担がかかる状態で、これを続けていると血中に活性酸素が活性し、細胞膜を破壊していくのです。

細胞膜が壊された血管は、それを修復しようとしてLDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールが増えるという現象が起こります。血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が多い状態は、高脂血症と呼ばれ、ドロドロ血となって流れが悪くなりますから血圧も高くなるのです。

さらに悪い事に、このコレステロールや中性脂肪は活性酸素によって酸化してしまい、過酸化脂質という有害物質に変化します。過酸化脂質がたまった血管はますます血の流れが悪くなり、高血圧となるのです。

血管も硬くなっているわけですから、動脈硬化を引き起こす可能性も高くなります。

水素水が高血圧や動脈硬化に効果的な理由

高血圧になるそもそものスタートは、血中に活性酸素が増えることです。

また、症状を進行させてしまうのにも活性酸素が関係しているわけですから、活性酸素の働きを水素水の水素が結びつくことで和らげることができれば、コレステロールや中性脂肪を血中に増加させることを避けられます。

すでに血液がドロドロという状態であっても、活性酸素の働きを弱めることができますから、悪玉コレステロールが過酸化脂質となってしまうことも防げるのです。

ドロドロ血の状態が続くと、血が固まって血栓をつくります。血管の壁も柔軟性をなくしていますから、血栓は血管内で引っかかり、血流を止めてしまう可能性も出てきます。この状態が「梗塞」です。そう考えると、とても危険な状態なのです。

高血圧は血圧を測ることで意識できますが、動脈硬化は特に自覚症状がないために、自分では意識しにくい病気と言えるでしょう。

だからこそ、日頃から水素水を摂り、悪玉コレステロールが活性酸素と結びつかないようにすることが重要なのです。

実際に水素水を飲み始めてから血圧が正常になってきているといった声もあり、症状に思い当たる方は、日常的に水素水をとる効果を実感できると思います。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。