• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

脳梗塞・心筋梗塞

ここでは、水素水が脳梗塞・心筋梗塞に与える影響や効果について解説しています。 

脳梗塞・心筋梗塞の起こる理由とは?

心筋梗塞・脳梗塞は、日本人の死因の2位3位を争うほど、大きな病気。

どちらも原因は同じで、血中に血栓ができてしまいます。それが心臓でつまると心筋梗塞、脳内でつまると脳梗塞ということになるのです。

ではなぜ血栓ができてしまうかというと、コレステロールと関係があります。

血管の中には中性脂肪やコレステロールが流れています。コレステロールというと「悪」のイメージがありますが、からだの中には必要な良いコレステロールもあります。

良いコレステロールはHDLコレステロール、悪いコレステロールはLDLコレステロールというもので、「善玉」「悪玉」などと呼ばれています。

動脈硬化の原因をつくるのは悪玉コレステロールのほうで、こちらの数が増えてしまうのは注意が必要です。

また、食生活の乱れなどで分解されずに残った脂質は、活性酸素の影響をうけて有害な過酸化脂質となり、酸化したLDLコレステロールは血管内の細胞に悪い影響を与えて、血栓をつくりやすくします。

酸化したLDLコレステロールのせいで発生した血栓が、同じく悪玉コレステロールの影響で柔軟性をなくし弱った血管を通る時にひっかかって、梗塞を起こすのです。

水素水が脳梗塞・心筋梗塞に効果的な理由

血管がコレステロールなどで傷つけられた状態ですと、活性酸素が多く発生してしまいます。からだ独自のシステムで、それを攻撃しようと悪玉コレステロールが増えると、今度はそれが動脈硬化の原因をつくり…と、からだのシステムは次々と悪いほうへ向かって行きます。

水素水は、いろいろなタイミングで活性酸素と結びつくことで、無害化して減少させてくれるのです。

まずは悪玉コレステロールを増やさない働きをしますし、脂質が有害化してしまう酸化を食い止める働きもしてくれます。

死のリスクも高い脳梗塞も心筋梗塞も根本は、悪玉コレステロールの増加や脂質異常ということにありますから、日々水素水を摂取することで、その危険因子を減少させ、予防することができるのです。

予防でなく、治療の段階でも、急性脳梗塞の臨床実験で、薬と水素水を併用して使ったところ、水素水を併用した場合に治療効果があがることが報告されています。

今後、積極的に水素水が治療にも使われていくことになるかもしれません。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。