• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

不眠症

ここでは、不眠症におちいってしまう原因や、水素水が与える不眠症への働きについてみていきます。

不眠症が起こる原因とは?

ひとの生命活動のなかでも、大きなウエイトを占める睡眠。睡眠の質が悪ければ冴えない頭でいつまでも布団から出られませんが、ぐっすりといい睡眠を取ることができれば、スッキリした朝を迎えられます。

しかし、「からだは疲れているのに眠れない」「明日は早いから眠りたいのに寝付けない」といった経験はありませんか?

それが1回限りであったり、たまにあるといった程度なら問題ないのですが、毎日続くようなのであればそれはもう不眠症と言えるでしょう。

原因は精神的なものであることがほとんどで、自律神経が過度なストレスなどにより過敏になっているため、脳がうまく眠る指令を伝えられなくなっているのです。

なぜストレスによって自律神経が過敏になってしまうのでしょうか。

そこに大きくかかわっているのが活性酸素です。活性酸素のなかには悪玉活性酸素があり、人間は強いストレスを感じると悪玉活性酸素が多量に発生させてしまいます。

この悪玉活性酸素が、交感神経や眠りをつかさどる副交感神経といった自律神経の働きを鈍らせることで、睡眠障害を起こしてしまうのです。

不眠症はただ眠れなくなるだけではなく、集中力の欠如や持続力の低下などの精神・思考面への影響だけでなく、肌荒れやからだのダルさ・重さなど肉体面への影響も少なくありません。

長期にわたって不眠症が続くようだと、やがて精神を病んでしまうこともあります。

「単に眠れないだけだから」といって、決して放置してはいけない症状だといえるでしょう。

水素水が不眠症に効果的な理由

では、そんなやっかいな不眠症に水素水が働いてくれるのはなぜなのでしょうか。

すでに紹介しているように、睡眠に大きくかかわっている副交感神経がその鍵。この副交感神経を「眠り」にいざなってくれるよう、導いてあげればいいのです。

水素水にはさまざな働きがあることが知られていますが、人間の代謝を高める働きもあります。

代謝が良くなれば、おのずと血の巡りもよくなるのです。すると手先や足先など、からだの隅々まであたためられるため、副交感神経が正常に作用。同時に、水素には悪性活性酸素を除去する働きもあると言われているので、ストレスをうけても悪性活性酸素の増殖を抑えることができます。

副交感神経が刺激されることなく落ち着いた状態で居てくれれば、何の苦もなく眠りにつくとができる…というわけです。

水素水は飲むだけで不眠症から解放されるという、まさにお手軽な不眠解消アイテムと言えるでしょう。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。