• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

パーキンソン病

ここでは、水素水がパーキンソン病に与える影響や効果について解説しています。

パーキンソン病が起こる理由とは?

難病とされているパーキンソン病は、かなり昔から発見されていたにも関わらず、現在においてもその原因は解明されていません。

中年以降に発症することが多く、高齢者に多い病気ですが、中には若年性のものもあります。総じて進行が遅いため、いつから病気になったのかがわからないケースも多いようです。

症状としては、震えや関節のこわばり、姿勢を保つことが難しくなるといったものが一般的です。

このような症状を引き起こすのは、脳の黒質といわれるところにある神経細胞が変質したり、欠落することで起こることはわかっています。しかし、その原因がはっきりしないこともあって根本的な治療法もない状態なのです。

しかし、最近の研究で、活性酸素によって引き起こされる神経細胞の破壊が大きく関わっているのではないかということがわかってきました。

水素水がパーキンソン病に効果的な理由

変化が起こっているのは脳の神経細胞で、活性酸素が関わっているということになると、抗酸化作用の強いものが効果をあげることが考えられます。

今までもポリフェノールなどが有効と言われたりしましたが、脳内に届くためには、脳関門といわれる脳を守る特別なシステムを通り抜ける必要があります。

ポリフェノールなどは、分子が大きいせいでこの脳関門を通ることができず、分子が小さく、どこにも入っていける水素だからこそ、神経細胞に働きかけ活性酸素を減少させることができるのです。

さらに、関節のこわばりは代表的な症状ですが、水素は血液に溶け込まなくても細胞自体に浸透して行けるので、関節の内部まで届きます。運動に障害がでている場所は活性酸素が発生している可能性の高い場所ですから、そこに届いて酸化を抑えるのもプラスの効果だと思われます。

水素水に注目している研究はさまざま行われていて、順天堂大学でパーキンソン病の患者さんに対して行われた臨床実験では、水素水を48週間にわたって飲んだ患者さんの評価尺度スコアがあがったという報告もされています。

他にもマウスによる実験ですが、水素水を投与したマウスは、活性酸素による遺伝子損傷を抑制する効果がみられたそうです。

現在パーキンソン病の治療に使われる薬は副作用のリスクもあり、症状を抑えるという種類のものですが、水素水であれば副作用がないだけでなく、根本的な部分に迫った改善が期待できます。今後、ますます研究が治療法として確立されるかもしれません。

★★★以下の記事も読まれています☆☆☆

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。