• あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

歯周病

ここでは、水素水が歯周病に与える影響や効果について解説しています。

歯周病が起こる原因とは?

日本人の半数、30歳以上になると80%の人がかかっていると言われる歯周病。ただ、自覚している人は案外少ないかもしれません。歯を失う原因の1位とも言われるだけに、非常に怖いことですね。

歯周病は細菌に感染することによって炎症が起こる病気ですが、かなり進行するまで痛みがほとんどないために、そのまま何もしないでいる人が多いのだと思われます。

もともと口の中には細菌は驚くほどいるものですが、それ自体が悪い事ではありません。ただ、ブラッシングが上手くいっていなかったり、エサとなるようなものを大量にとっていたりすると、粘着性の強い物質(=歯垢)となって歯につきます。歯垢になると、細菌は億単位で増殖しています。これが虫歯の原因にもなり、歯周病の原因にもなるのです。

歯垢はそのまま取る事ができないでいると、歯石となって石のように歯と歯肉の間に付着。歯石になってしまうと、ブラッシングでとることは難しくなります。

歯垢や歯石で歯と歯肉の間にはすき間ができ、より細菌による影響をうけるようになり、炎症が広がると、腫れてポケットのように間があき、歯周病が進行していきます。

さらに進めば、歯を支えている土台が溶けてしまい、歯も失うことになるのです。

この他、虫歯のかぶせ物があっていないことや歯ぎしりやくいしばりなども歯周病を進行させる一因。ストレスや糖尿病など、他の病気が症状を悪化させることもあります。

水素水が歯周病に効果的な理由

水素水は、歯周病の原因とされる細菌自体を殺すような働きをするわけではありません。しかしながら、歯肉が細菌によって炎症を起こしていると、そこには活性酸素が大量に発生します。

水素水はこの活性酸素と結びつくことで、細菌の酸化を防いでくれるのです。そして、これこそが歯周病の進行を抑えると考えられています。

大学で行われた研究によると、水素水を与えられたラットは、血液中の活性酸素の増加を抑えていることが確認され、歯周病の進行が抑えられていたことも確認されているのです。

歯科クリニックでも、水素水を使うところが増えているそうですが、自宅での毎日のブラッシングの後に水素水で口をゆすいだりするのも効果的なのではないでしょうか。

【免責事項】
このサイトは、より多くの人に水素水の効果を啓蒙する目的で制作しています。症状への効果効能や水素水の選び方などは、
編集部が独自に調査した内容を基に作成しました。最新の情報は、必ず専門家や各メーカーの公式サイトでご確認ください。